忍者ブログ

為替オプションの時間的価値について - デリバティブを始める為のオプション・先物取引入門





[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント(-)トラックバック(-)

為替オプションの時間的価値について


オプション取引はデリバティブの中でも保険的な役割をするなど、取引するための用途に
あわせて多種多様な取引ができる金融商品とされています。



ですので、基本的には大変便利な金融商品なんです。しかし、昨今の金融危機がとてつも
ない大きな負債となったため、デリバティブ全般が非難の対象となっています。



確かに、これほどまでに短期間で金融市場が大きく動く要因の一つに、デリバティブの影響
があげられます。レバレッジ効果が非常に高いということは大量の資金を投入して取引する
ことができるわけですから、お金の力が相場を牽引することになります。



しかし、利用目的を間違えればどんなに安全な取引でも凶器となってしまいます。しかし、
人間というのは自分の認識した範囲内でしか物事を捉えることができません。



ですので、デリバティブ市場全体で規制を強化するべきではないかと思います。実際に米国
では規制を強化する動きが活発化しており、先日オバマ米大統領は演説しています。国民
に理解を求めるために行われたのですが、これから夏に向けて規制されることでしょう。



そうした中、今回はオプションの時間的価値について、解説させて頂きます。今現在、外国
為替市場で急速に円安が進み1米ドル=95円で取引されていると仮定します。



そして、権利行使価格が90円のドルコールの本質的価値は基本的にありません。期日まで
3ヶ月以上ある場合は条件が基本的に異なります。その理由は、3ヶ月後に1ドル=100円
以上に円安が進む可能性が十分にあるからです。



そして、この場合は100円のドルコールに対して価値が次第に高まります。そして、将来的
な相場展開をある程度予想した上で、実際に期日を迎えるまでの間にどれだけ利益が得ら
れるのかといったことを示すのが時間的価値です。



そして、時間的価値はポジションを建てている期間が長いほど価格が変動する可能性が高
いのですが、時間的価値も高まる可能性もある反面、低くなる可能性もあります。
ですので、この点に関しては十分注意する必要があります。
PR

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
この記事にトラックバックする:

URL">自分の時間的価値を時給換算してみる

私は昔から自分の「時間的価値」というのを気にして生きています。いつ頃からこういう考え方をしたのかはわかりません。元々効率的な人間で、ムダが嫌いだという性分なのですが、きっと大学の時に経営学やファ...

2010-12-06 16:06 from

薬剤師 転職
Copyright © デリバティブを始める為のオプション・先物取引入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
忍者ブログ[PR]